Share

  • noteアイコン
【展覧会】2館同時開催という類い稀な形式で開催する大阪中之島美術館と国立国際美術館の共同企画展「すべて未知の世界へーGUTAI 分化と統合」が2022年10月22日より開催が決定

【展覧会】2館同時開催という類い稀な形式で開催する大阪中之島美術館と国立国際美術館の共同企画展「すべて未知の世界へーGUTAI 分化と統合」が2022年10月22日より開催が決定

395 Views この記事は約3分で読めます。
記事URLをコピーする

アート新情報では、日本全国で開催されているおすすめの展覧会やアートイベントをピックアップして、みどころや開催期間・会場・巡回展などの情報をまとめました。

具体美術協会(具体)が解散して50年の節⽬となる2022年に、大阪中之島美術館と国立国際美術館の2館同時開催という類い稀な形式で開催される共同企画展「すべて未知の世界へーGUTAI 分化と統合」が2022年 10月22日(土)〜 2023年1月9日(月・祝)まで開催が決定。本展のみどころや各館で展示される作品をご紹介します。

※以下、画像と展覧会説明はプレスリリースから引用

「すべて未知の世界へーGUTAI 分化と統合」概要

具体美術協会は、1954年、兵庫県の芦屋で結成された美術家集団です。

画家の吉原治良(1905-72)を中核に据えたこの集団は、絵画をはじめとする多様な造形実践をとおして、「われわれの精神が自由であるという証を具体的に提示」しようとしました。吉原による指導のもと、会員たちがそれぞれの独創を模索した18年の軌跡は、いまや国内外で大きな注⽬を集め、戦後日本美術のひとつの原点として、なかば神話化されるに至っています。

本展覧会は、そんな具体の歩みを、「分化」と「統合」というふたつの視点からとらえなおす試みです。

誰の真似にも陥らず、互いに異質であろうとしながら、あくまで⼀個の集団としてまとまろうとするその姿勢は、吉原の考える美術のあるべき姿、つまり「人間精神と物質とが対立したまま、握手」している状態とも、重なりあうものだと言えるでしょう。

大阪中之島美術館と国立国際美術館、2会場によって構成される本展覧会は、具体の活動拠点である「グタイピナコテカ」が建設された地、大阪の中之島で開催される初の大規模な具体展です。

大阪中之島美術館で具体を「分化」させ、それぞれの独創の内実に迫りつつ、国立国際美術館では具体を「統合」し、集団全体の、うねりを伴う模索の軌跡を追う。

それによって⽬指すのは、新しい具体の姿を提示することにほかなりません。解散後50年となる2022年、「すべて未知の世界へ」と突き進んでいった彼ら/彼女らのあゆみをご覧ください。
※本展は大阪中之島美術館、国立国際美術館の2会場で開催します。 それぞれの観覧料、開館時間、休館日は⼀部異なりますのでご注意ください。

本展のみどころ

01.具体の活動拠点、大阪・中之島で開催される初の大規模な具体展

02.大阪中之島美術館、国立国際美術館の2館同時開催 展示総面積約3,000㎡・出品総点数約170点

03.「分化」と「統合」という2テーマに基づき、新たな具体像を提示

04.「インターナショナル スカイ フェスティバル」の再現

展覧会構成

具体を「分化」する ー分化 大阪中之島美術館 ー

吉原治良「作品」 1962年、油彩,カンヴァス、東京都現代美術館

吉原治良「作品」 1962年、油彩,カンヴァス、東京都現代美術館
【大阪中之島美術館で展示】

田中敦子「電気服」 1956/86年、管球・電球・合成樹脂エナメル塗料・コード・制御盤、高松市美術館

田中敦子「電気服」 1956/86年、
管球・電球・合成樹脂エナメル塗料・コード・制御盤、
高松市美術館  撮影 | 加藤成文 ©Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association
【大阪中之島美術館で展示】

松谷武判「繁殖 65-24」 1965年、ビニール接着剤によるレリーフ・油彩・アクリル,カンヴァス・合板、国立国際美術館

松谷武判「繁殖 65-24」 1965年、
ビニール接着剤によるレリーフ・油彩・アクリル,カンヴァス・合板、
国立国際美術館
【大阪中之島美術館で展示】

白髪⼀雄「天暴星両頭蛇」 1962年、油彩,カンヴァス、京都国立近代美術館

白髪⼀雄「天暴星両頭蛇」 1962年、油彩,カンヴァス、京都国立近代美術館
【大阪中之島美術館で展示】

具体は、常に先駆性と独創性とともに語られてきました。吉原治良の「人のまねをするな、今までにないものをつくれ」という言葉が、端的にそのことを表すものとして語り継がれていますが、その認知度とは裏腹に、具体の先駆性と独創性の内実は、明らかにされていません。

「分化」をテーマとする大阪中之島美術館では、具体の制作からいくつかの要素を抽出し、個々の制作のありようを子細に検証します。 本会場がめざすのは、具体は多様であるという結論を導き出すことではありません。

多様であることは前提とし、どのような表現が受け容れられてきたのか最大限可視化することで、具体というグループの本質にせまろうという試みです。

具体を「統合」する ー統合 国立国際美術館ー

ヨシダミノル「JUSTCURVE '67 Cosmoplastic」 1967年、ステンレス・プラスティック・蛍光灯・センサーほか、 高松市美術館

ヨシダミノル「JUSTCURVE ’67 Cosmoplastic」 1967年、
ステンレス・プラスティック・蛍光灯・センサーほか、 高松市美術館
【国立国際美術館で展示】

村上三郎「作品」1957年、ミクストメディア,板、芦屋市立美術博物館、©MURAKAMI Tomohiko

村上三郎「作品」 1957年、ミクストメディア,板、
芦屋市立美術博物館、©MURAKAMI Tomohiko
【国立国際美術館で展示】

吉原治良「作品C」1971年、アクリル,カンヴァス、大阪中之島美術館

吉原治良「作品C」 1971年、アクリル,カンヴァス、大阪中之島美術館
【国立国際美術館で展示】

山崎つる子「Work」 1960年、油彩・エナメル,カンヴァス、国立国際美術館

山崎つる子「Work」 1960年、油彩・エナメル,カンヴァス、国立国際美術館
【国立国際美術館で展示】

具体は、少なくともその出発点においては、「画家」集団でした。時代が下るにつれ多様化していく造形実践の数々も、もとをたどれば、絵画という規範からの自由をめざした結果と言えます。

問題は、絵画らしさをいかに解体し再構築したか、です。
絵画「らしさ」をどう捉えているのか、また、それを解体してなお絵を描こうとするのか否かで、導き出される新しさはおのずと変わってくるでしょう。

国立国際美術館では、マクロな視点に立って具体のあゆみを眺め、さまざまに展開される問いなおしの作業に、いくつかの傾向を見出そうと試みます。必ずしも⼀枚岩でないこの集団の、内なる差異をあぶりだし、そのうえで「統合」してみせることが主な⽬的です。

出品作家(五十音順)

今井祝雄、今中クミ子、上前智祐うえまえちゆう、浮田要三、大原紀美子、小野田實、金山明、
菅野聖子、聴濤襄治きくなみじょうじ喜谷繁暉きたにしげき、木梨アイネ、坂本昌也、嶋本昭三、白髪⼀雄、白髪富士子、鷲見康夫、 田井智、高﨑元尚、田中敦子、田中竜児、坪内晃幸、猶原通正なおはらみちまさ、名坂千吉郎、名坂有子、 堀尾昭子、堀尾貞治、前川強、正延正俊まさのぶまさとし、松田豊、松谷武判まつたにたけさだ、向井修二、村上三郎、元永定正、森内敬子、山崎つる子、吉田稔郎、ヨシダミノル、吉原治良、吉原通雄

「すべて未知の世界へーGUTAI 分化と統合」開催概要

展覧会名 すべて未知の世界へーGUTAI 分化と統合
会期 2022年10月22日(土)〜2023年1月9日(月・祝)
時間 10:00〜17:00(入場は閉場の30分前まで)
※国立国際美術館は金曜・土曜20:00まで
休館日 月曜日
(ただし、1月9日[月・祝]は両館開館/1月2日[月・祝]は大阪中之島美術館のみ開館)
※大阪中之島美術館は12月31日(土)、1月1日(日・祝)休館
※国立国際美術館は12月28日(水)〜1月3日(火)休館
会場 大阪中之島美術館 5階展示室 、国立国際美術館 地下2階展示室
住所 【大阪中之島美術館】
大阪府大阪市北区中之島4丁目3−1

【国立国際美術館】
大阪府大阪市北区中之島4丁目2−55
入場料 ■2館共通券
2500円

■大阪中之島美術館
一般料金/1,400円(1,200円)
大学生/1,100円(900円)

■国立国際美術館
一般料金/1,200円(1,000円)
大学生/700円(600円)

※価格は全て税込み。
※( )内は20名以上の団体料金。
※国立国際美術館のみ夜間割引料金(対象時間:金曜・ 土曜の17:00〜20:00)
※心身に障がいのある方とその付添者1名について、大阪中之島美術館は半額、国立国際美術館は無料 (いずれも要証明)
各館公式ホームページ 【大阪中之島美術館 公式サイト】
https://nakka-art.jp/exhibition-post/gutai-2022/

【国立国際美術館 公式サイト】
https://www.nmao.go.jp/events/event/gutai_2022_nakanoshima/
主催 大阪中之島美術館、国立国際美術館、朝日新聞社、MBSテレビ
協賛 竹中工務店
協力 公益財団法人ダイキン工業現代美術振興財団
助成 令和4年度文化庁優れた現代美術の国際発信促進事業 公益財団法人 花王 芸術・科学財団、⼀般財団法人 安藤忠雄文化財団
特別協力 芦屋市立美術博物館、兵庫県立美術館
お問い合わせ 【大阪中之島美術館の展示について】
06-4301-7285(大阪市総合コールセンター)

【国立国際美術館の展示について】
06-6447-4680(代)
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク