Share

  • noteアイコン
【展覧会】ジブリパークの開園を記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日から開催が決定

© Studio Ghibli © Kanyada

【展覧会】ジブリパークの開園を記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日から開催が決定

449 Views この記事は約5分で読めます。
記事URLをコピーする

アート新情報では、日本全国で開催されている展覧会やアートイベントのみどころや開催期間・会場・巡回展などの情報をまとめました。

2022年11月1日開園する「ジブリパーク」。それを記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日(土)~12月25日(日)まで開催が決定。本展のみどころやグッズなどをご紹介します。

※以下、画像と展覧会説明はプレスリリースから引用

「ジブリパークとジブリ展」概要

【展覧会】ジブリパークの開園を記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日から開催が決定画像

2022年11月1日、愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園」内に、スタジオジブリ作品の世界観を表現した公園施設「ジブリパーク」が開園します。開園を記念して同じ愛知の地で、ジブリパーク誕生の舞台裏を紹介する「ジブリパークとジブリ展」を10月29日より愛知県美術館で開催します。

ジブリパークの制作現場を指揮する宮崎吾朗監督の、これまでの仕事と作品を振り返るとともに、スタジオジブリの最新作ともいえる「ジブリパーク」をどのように考え、描き、つくっているのかを、初公開となる数々の制作資料とともに紹介。

ジブリパーク誕生に至るまでの背景、施設にまつわる秘密に迫り、「ジブリパーク」の新たな楽しみ方に出会える特別な展覧会です。

「ジブリパークとジブリ展」みどころ

ジブリパークのつくりかた 貴重な制作資料や試作品を初公開!

にせの館長室

にせの館長室 © Studio Ghibli

ジブリパークは、アニメーションの世界を自分の足で歩き、秘密を発見する場所です。公園の地形を生かして建てられた建物や、もともと屋内プールだった施設の中につくられた「ジブリの大倉庫」には、ジブリの秘密がいっぱい。宮崎吾朗監督が指揮する、ジブリパーク制作の裏側をご紹介します。

「ジブリの大倉庫」に登場する「にせの館長室」を再現展示します。映画『千と千尋の神隠し』の湯婆婆が執務室で仕事に没頭する姿を見られます。

バロンとルイーゼの検討用素材・模型

バロンとルイーゼの検討用素材・模型 © Studio Ghibli

ジブリの大倉庫と同じく、11月1日に開園する「青春の丘」では、映画『耳をすませば』に登場するバロンに出会えます。本展では、バロンの人形を制作する過程で使用された素材や模型などを展示します。

ハウルの城 右前脚部の原寸大模型

ハウルの城 右前脚部の原寸大模型 © Studio Ghibli

2024年3月開園予定の「魔女の谷」には、映画『ハウルの動く城』に登場する「ハウルの城」が建てられます。本展では、ハウルの城を建てる過程で使用された貴重な模型を展示します。

ジブリのなりきり名場面展も登場!あなたも映画の主人公に!

【展覧会】ジブリパークの開園を記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日から開催が決定画像

ジブリのなりきり名場面展 © Studio Ghibli

「ジブリのなりきり名場面展」は「ジブリの大倉庫」で行われる3つの企画展示のひとつです。

スタジオジブリ作品で描かれた印象的なシーンを立体造形やパネルで表現し、来園者が映画のワンシーンの中にいるかのような気分を味わえる体験型の展示で、本展では映画『千と千尋の神隠し』のワンシーンが登場!主人公・千尋の気分になってカオナシと一緒に記念撮影をしましょう。

サツキとメイの家を1/5サイズで再現!パーゴラは本物の柱を使った1/1サイズ

【展覧会】ジブリパークの開園を記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日から開催が決定画像

サツキとメイの家 1/5スケール模型 © Studio Ghibli

【展覧会】ジブリパークの開園を記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日から開催が決定画像

サツキとメイの家 パーゴラの再現展示 © Studio Ghibli

ジブリパークの「どんどこ森」に建つ映画『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」は、2005年「愛・地球博」のパビリオンとして、宮崎吾朗監督が陣頭指揮を執り、本当に人の住める家として建てられました。

本展ではこの家を再現し、内部の写真も公開。さらに、実際に使用された部材を使用したパーゴラ(格子状の日除け棚、書斎のテラスに設置されていました)も本物と同じサイズで登場します。

子どもから大人まで乗れる特別な「ネコバス」が登場

【展覧会】ジブリパークの開園を記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日から開催が決定画像

ネコバス © Studio Ghibli

本展冒頭では、映画『となりのトトロ』でおなじみの「ネコバス」が皆さまをお出迎えします。
子どもから大人まで座って楽しめます。

宮崎吾朗監督自ら解説。企画展示「アーヤと魔女」展を再現展示

【展覧会】ジブリパークの開園を記念した展覧会「ジブリパークとジブリ展」が愛知県美術館にて2022年10月29日から開催が決定画像

「アーヤと魔女」展の再現展示 © Studio Ghibli

東京都三鷹市の「三鷹の森ジブリ美術館」で、2021年6月から翌年5月まで開催された企画展示「アーヤと魔女」展を再現。

2Dセルアニメーションと3DCGアニメーションの違いとは?背景美術や小物、食べ物の表現とは?スタジオジブリならではの3DCGアニメーションのつくり方、その制作の舞台裏を宮崎吾朗監督自ら解説します。

ほかにも、三鷹の森ジブリ美術館、映画『ゲド戦記』や映画『コクリコ坂から』など、宮崎吾朗監督のこれまでの仕事を貴重な資料とともに一挙紹介します!

愛知会場の展示室内では、「ネコバス」、「にせの館長室」、「サツキとメイの家」、「サツキとメイの家のパーゴラ」、「ジブリのなりきり名場面展」の5箇所が撮影可能!美術館の外には、スペシャルフォトスポットも登場予定。ぜひご来場の記念にお楽しみください。
※混雑状況によりフォトスポットは変更になる場合がございます。

展覧会オリジナルグッズ

展覧会特設ショップには、「ジブリパークとジブリ展」オリジナルグッズをはじめジブリパーク、スタジオジブリ作品に関するグッズが盛りだくさん!本展限定となる注目商品の一部をご紹介いたします。

※商品の数には限りがございます。あらかじめご了承ください。
※下記以外にも商品をご用意しております。会場でご確認ください。
※会場特設ショップは本展ご入場の方のみご利用いただけます。

ピンズ(愛知会場限定)

愛知会場限定のピンズ。
モーニングの文化をデザインに落とし込んだ、小倉トーストと小トトロがレトロにデザインされています。
価格:880円(税込)

手ぬぐい(愛知会場限定)

小倉トーストに並んだ小トトロの色々な表情が可愛い、レトロ感あふれる愛知会場限定の手ぬぐいです。
価格1,100円(税込)

ダイカットステッカー(となりのトトロ・猫の恩返し・千と千尋の神隠し・ハウルの動く城)

展示をモチーフにした、展覧会オリジナルエンブレムのステッカー。スーツケース等に貼ったりしても◎。
価格 各550円(税込)

トトロのおみやげバンダナ

映画『となりのトトロ』のトトロたちの大好きなどんぐりがあしらわれたオシャレなバンダナ。パッケージにも注目。お土産にもぴったりです。
価格 1,430円(税込)

愛知会場チケット情報

チケット販売スケジュール

・第1期(10月29日[土]~11月25日[金]分)販売中
・第2期(11月26日[土]~12月25日[日]分)11月1日(火)午前10時から販売

入場可能時間

①10:00~10:30 ②10:30~11:00 ③11:00~11:30 ④11:30~12:00 ⑤12:00~12:30 ⑥12:30~13:00 ⑦13:00~13:30 ⑧13:30~14:00 ⑨14:00~14:30 ⑩14:30~15:00 ⑪15:00~15:30 ⑫15:30~16:00 ⑬16:00~16:30 ⑭16:30~17:00

金曜日のみ ⑮17:00~17:30 ⑯17:30~18:00 ⑰18:00~18:30 ⑱18:30~19:00
※本展は入替制ではありません。チケット券面に記載されている入場可能時間内であれば、いつでもご入場いただけます。再入場はできません(特設ショップを含む)。

チケット購入方法

【オンライン予約購入】
Boo-Woo(ブーウー)チケット
※会員登録(無料)が必要です。オンライン予約申し込み後、期限内に料金をお支払いの上、ローソンまたはミニストップでチケットを発券してください。
※入場日前日の22:00まで販売しますが、販売予定数に達し次第販売を終了します。

【店頭購入】
ローソンまたはミニストップ
※ローソンまたはミニストップにあるLoppi(ロッピー)端末でご希望日時のチケットを購入してください。
※入場日前日の23:59まで販売しますが、販売予定数に達し次第販売を終了します。

当日券について

当日券は、日時指定券に残部がある場合のみ愛知県美術館チケット売場で販売しますが、販売なし、もしくは売り切れることがあります。予め日時指定券を購入されることをお勧めします。

また、当日券の入場日・時間枠は選べません。当日券のお支払いは現金のみとなります。
当日券の販売状況は、会期中に愛知会場特設サイトでお知らせします。電話等でのお問い合わせやご予約はお受けしておりません。

その他注意事項

※主催者の責によらない理由によるチケットご購入後の日時・券種変更、キャンセル、払い戻しはできません。
※本展のチケットで会期中に限り愛知県美術館のコレクション展もご覧いただけます。コレクション展の入場時間は閉館30分前までです。

チケット(愛知会場)に関する問い合わせ(一般用)

Boo-Wooチケットカスタマーセンター 0570-084-700(11:00~17:00)

「ジブリパークとジブリ展」開催概要

展覧会名 ジブリパークとジブリ展
会期 2022年10月29日(土)~12月25日(日)
時間 10:00~18:00(入館は閉館1時間前まで)
※金曜は20:00まで
休館日 毎週月曜日(10月31日は開館)
会場 愛知県美術館
住所 名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階
アクセス
入場料 【日時指定券】
<平日>
一般/1,700円
高大生/1,100円
小中生/600円

<土日祝>
一般/1,900円
高大生/1,300円
小中生/800円

※混雑緩和のため、事前予約制(日時指定券)を導入します。事前に日時指定券をご購入の上、ご来場ください。
※ジブリパークのチケットではご入場できません。本展のチケットをお買い求めの上ご来場ください。
※未就学児は無料(日時指定予約不要)。団体券の販売は行いません。
※日時指定券に残部がある場合のみ愛知県美術館チケット売場で当日券(当日の指定された時間枠のみ有効)を販売します。
当日券は曜日に関わらず土日祝日と同一料金です。

※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛護手帳)、特定医療費受給者証(指定難病)のいずれかをお持ちの方は、各券種の半額でご覧いただけます。またこれら各種手帳の「第1種」もしくは「1級」、または特定医療費受給者証(指定難病)をお持ちの場合、いずれも付添いの方は1名まで各券種の半額でご覧いただけます。

※各種証明書(障害者手帳、特定医療費受給者証(指定難病)、学生証など)は当日会場入口でご提示ください。
※新型コロナウイルス感染症対策を実施しています。詳しくは、愛知会場特設サイトをご確認ください。

チケット購入先 チケット販売スケジュール
・第1期(10月29日[土]~11月25日[金]分)販売中
・第2期(11月26日[土]~12月25日[日]分)11月1日(火)午前10時から販売

・オンライン予約購入:Boo-Woo(ブーウー)チケット
※会員登録(無料)が必要です。オンライン予約申し込み後、期限内に料金をお支払いの上、ローソンまたはミニストップでチケットを発券してください。
※入場日前日の22:00まで販売しますが、販売予定数に達し次第販売を終了します。

・店頭購入:ローソンまたはミニストップ
※ローソンまたはミニストップにあるLoppi(ロッピー)端末でご希望日時のチケットを購入してください。
※入場日前日の23:59まで販売しますが、販売予定数に達し次第販売を終了します。
公式サイト ジブリパークとジブリ展 公式サイト
「ジブリパークとジブリ展」愛知会場特設サイト https://ghiblipark-exhibition-aichi.jp
主催 愛知県美術館/中日新聞社
協賛 DNP大日本印刷/アイシン/NTPグループ/鹿島建設/トヨタ自動車
後援 愛知県教育委員会/名古屋市教育委員会/愛知県私立幼稚園連盟
企画制作協力 スタジオジブリ、三鷹の森ジブリ美術館、ジブリパ―ク
問い合わせ ハローダイヤル 050-5542-8600(9:00~20:00)

巡回展

熊本会場

会期 2023年1月20日(金)~ 3月26日(日)
会場 熊本県立美術館
住所 熊本県熊本市中央区二の丸2
会場MAP
会場サイト 熊本県立美術館 公式サイト

兵庫会場

会期 2023年4月15日(土)~ 6月25日(日)
会場 神戸市立博物館
住所 兵庫県神戸市中央区京町24
会場MAP
会場サイト 神戸市立博物館 公式サイト

山口会場

会期 2023年7月15日(土)~ 9月24日(日)
会場 山口県立美術館
住所 山口県山口市亀山町3−1
会場MAP
会場サイト 山口県立美術館 公式サイト
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク