Share

  • noteアイコン
【展覧会】1972年に制作された主に関西の現代美術作品を5つのテーマに沿って紹介する「Back to 1972 50年前の現代美術へ」が⻄宮市⼤⾕記念美術館にて2022年12月11日まで開催中

【展覧会】1972年に制作された主に関西の現代美術作品を5つのテーマに沿って紹介する「Back to 1972 50年前の現代美術へ」が⻄宮市⼤⾕記念美術館にて2022年12月11日まで開催中

709 Views この記事は約3分で読めます。
記事URLをコピーする

アート新情報では、日本全国で開催されているおすすめの展覧会やアートイベントをピックアップして、みどころや開催期間・会場・巡回展などの情報をまとめました。

1972年に制作された主に関西の現代美術作品を5つのテーマに沿って紹介する「Back to 1972 50年前の現代美術へ」が⻄宮市⼤⾕記念美術館にて2022年12月11日まで開催中。本展のみどころや展示作品などをご紹介します。

※以下、画像と展覧会説明はプレスリリースから引用

「Back to 1972 50年前の現代美術へ」概要

「西宮市大谷記念美術館」は1972年11月3日に開館し、今年で開館50周年を迎えました。

まさにその時期から、全国各地に美術館が開館し、多くの人々が美術への渇望を抱き、美術館へと向かいました。豊かさの中で美術が求められ、美術鑑賞が日々の暮らしの中に溶け込んでいったのです。

一方、現代美術もまた、様々な展開を見せていました。美術とは何かを根本的に問い直し、物質そのものよりも観念を重んじる傾向が、1970年代にも続いていきます。そしてその作品の主題や制作方法は、敏感に時代を映し出しています。

本展では、1972年に制作された主に関西の現代美術作品を、〈「1972年」という時代〉〈「1972京都ビエンナーレ」と関西のアートシーン〉〈具体美術協会の変遷〉〈現代美術の点景〉〈版画の躍進〉の5つのテーマに沿って紹介します。「美術館」はどのような時代に開館したのでしょうか。
さあ、1972年の美術の世界へと旅立ちましょう。

展覧会構成(下記に記載した作品は出品作品のうちの一部です)

「1972年」という時代

2月の札幌冬季オリンピック開催をはじめ、5月沖縄本⼟復帰、8月ミュンヘン夏季オリンピック開催、9月⽇中国交正常化、10月パンダ初来⽇などがあった1972年。当時の社会や文化を色濃く反映した作品とともに一年間を振り返ります。

・荒川 修作(あらかわ しゅうさく) 《ミュンヘンオリンピックのためのポスター》
 兵庫県立美術館蔵
・粟津 潔(あわず きよし) 《人命救助法(人命救助法制作委員会)》
 国立国際美術館蔵
・永井 一正(ながい かずまさ) 《沖縄海洋博覧会》 姫路市立美術館蔵
・横尾 忠則(よこお ただのり) 《栄光のビートルズフェスティバル(⼤丸)》
 国立国際美術館蔵
・W. ユージン・スミス 《水俣》シリーズ 京都国立近代美術館蔵

「1972 京都ビエンナーレ」と関⻄のアートシーン

1972年は「京都ビエンナーレ」が初めて開催された年です。

出品者の多くは「京都アンデパンダン展」で注目された作家たちで、公立の美術館が企画した関⻄の現代美術の動向を示す意欲的な展覧会として、美術雑誌や新聞でも⼤きく取り上げられました。同展出品者の作品をはじめ、会場写真や雑誌の特集など展覧会に関する資料を展示することで、当時のアートシーンの再現を試みます。

・植松 奎二(うえまつ けいじ) 《空間関係構造態−樹、人、ロープ I 》 作家蔵
・郭 徳俊(かく とくしゅん) 《位相1972(A)》 京都国立近代美術館蔵
・北辻 良央(きたつじ よしひさ) 《作品》 1972年 国立国際美術館蔵
・木村 光佑(きむら こうすけ) 《Out of Time》 京都市美術館蔵
・野村 仁(のむら ひとし) 《重心の移動》 東京都現代美術館蔵

「具体美術協会」の変遷

具体美術協会は1954年に関⻄を拠点に結成、多くの実験的な試みを行った芸術家集団ですが、1972年2月10⽇、リーダー吉原治良の急逝を受けて同年解散します。現在世界的に評価の確立している具体美術協会ですが、解散時同会に所属した作家の作品などにより、当時の状況を探ります。

・白髪 一雄(しらが かずお) 《東方浄瑠璃世界》 兵庫県立美術館蔵
・松⾕ 武判(まつたに たけさだ) 《繁殖のA》 作家蔵(当館寄託作品)
・元永 定正(もとなが さだまさ) 《AKAMAGARI》 兵庫県立美術館蔵
・吉原 治良(よしはら じろう) 《作品A》《作品B》 ⼤阪中之島美術館蔵

1972年・現代美術の点景

50年前の当時、既成の枠を越える新たな表現が多方面で繰り広げられました。その中で「もの派」を代表する作家として国内外で注目を浴びた李禹煥、実在と認識の差異や時間の経過などを写真によって観念的に表現した木下佳通代、プラスチック樹脂による多数の風船や巨⼤な蛾などの具象彫刻を手がけた福岡道雄らの作品を紹介します。

・李 禹煥(り うふぁん) 《刻みより(Cut up)》 京都国立近代美術館蔵
・木下 佳通代(きのした かずよ) 《untitled-a》 ⼤阪中之島美術館蔵(11月6日頃まで展示)
・福岡 道雄(ふくおか みちお) 《蛾2》 国立国際美術館蔵

版画の躍進

1950年代から国際的な版画コンクールが世界各国で開催されるようになり、⽇本でも1957年に東京国際版画ビエンナーレが始まりました。

1970年代には、版画への関心が高まると共に、技法や用いる道具の種類が増え、表現の幅も広がりを見せはじめました。京都や⼤阪では版画を専門的に扱う画廊が現れ、作品発表の機会も増え始めます。版を用いた新たな表現が生み出され始めた、現代美術としての版画を紹介します。

・⿊崎 彰(くろさき あきら) 《星の神話》 ⼤阪中之島美術館蔵
・高松 次郎(たかまつ じろう) 《THE STORY》 東京都現代美術館蔵
・原 健(はら たけし) 《No Focus 72-23・24》 京都国立近代美術館蔵

展示作品(一部)

吉原英雄 《モーニング・コーヒー》(シリーズ「ミラー・オブ・ザ・ミラー ニューヨーク」より) 1972年 和歌山県立近代美術館蔵

吉原英雄 《モーニング・コーヒー》
(シリーズ「ミラー・オブ・ザ・ミラー ニューヨーク」より) 和歌山県立近代美術館蔵

泉茂 《From Silver Foir(72×72 シリーズ)No.13》 1972年 和歌山県立近代美術館蔵

泉茂 《From Silver Foir(72×72 シリーズ)No.13》
1972年 和歌山県立近代美術館蔵

白髪一雄 《東方浄瑠璃世界》 1972年 兵庫県立美術館蔵

白髪一雄 《東方浄瑠璃世界》 1972年 兵庫県立美術館蔵

木村光佑 《現在位置― 存在(A)》 1971年 和歌山県立近代美術館蔵

木村光佑 《現在位置― 存在(A)》 
1971年 和歌山県立近代美術館蔵

李禹煥 《刻みより(Cut up)》 1972年 京都国立近代美術館蔵

李禹煥 《刻みより(Cut up)》 
1972年 京都国立近代美術館蔵

「Back to 1972 50年前の現代美術へ」開催概要

展覧会名 西宮市大谷記念美術館 開館50周年記念 特別展「Back to 1972 50年前の現代美術へ」
会期 2022年10月8日(土)〜12月11日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 水曜日
※ただし11月23日(水・祝)は開館、11月24日(木)は振替休館
会場 西宮市大谷記念美術館
住所 兵庫県西宮市中浜町4−38
アクセス
入場料 一般/1,200円(1,000円)
高大生/600円(400円)
小中生/400円(200円)

※価格は全て税込み。
※11月3日(木・祝)は無料開館日
※1972年生まれの方は入館無料(要証明書呈示)
※西宮市内在住の一般の方は1,000円(要証明書呈示)
※西宮市内在住65歳以上の方は500円(要証明書呈示)
※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
※心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
美術館公式サイト 西宮市大谷記念美術館 公式サイト
SNS一覧
主催 公益財団法人 西宮市大谷記念美術館
後援 西宮市、西宮市教育委員会
助成 公益財団法人 花王芸術・科学財団、芸術文化振興基金、公益財団法人神戸文化支援基金
協力 国立国際美術館
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク