Share

  • noteアイコン
【展覧会】東京など各会場でも大盛況だったヨシタケシンスケの大規模展覧会「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が松坂屋美術館にて2022年12月10日から開催が決定

NEW 【展覧会】東京など各会場でも大盛況だったヨシタケシンスケの大規模展覧会「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が松坂屋美術館にて2022年12月10日から開催が決定

645 Views この記事は約3分で読めます。
記事URLをコピーする

アート新情報では、日本全国で開催されているおすすめの展覧会やアートイベントをピックアップして、みどころや開催期間・会場・巡回展などの情報をまとめました。

東京など各会場でも大盛況だったヨシタケシンスケの大規模展覧会「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が松坂屋美術館にて2022年12月10日(土)〜2023年1月15日(日)まで開催中。本展のみどころや展示作品などをご紹介します。

※以下、画像と展覧会説明はプレスリリースから引用

「 ヨシタケシンスケ展かもしれない」概要

ヨシタケシンスケ展かもしれない

展覧会メインビジュアル
©Shinsuke Yoshitake

絵本作家としてのデビュー作『りんごかもしれない』(2013年)以降、子どもから大人まで大ブームを巻き起こしているヨシタケシンスケ。

頭のなかに広がる果てしない妄想やアイデア、クスッと笑える人のクセやしぐさ、世界の真理をつくようなものの見方を細いペン先で描き続け、多くの人々をひきつけています。ヨシタケさんは絵本を出版する以前から、イラストレーター、造形作家として活躍してきました。

初の大規模個展となる本展では、作家の発想の源である小さなスケッチや絵本原画、本展のためにヨシタケさんが考案した立体物や愛蔵のコレクションなど約400点以上を展示し、作家の「頭のなか」をのぞいてみます。

発想の豊かさに支えられたヨシタケさんの「かもしれない」展示空間を、ぜひご体感ください。

本展のみどころ

発想の源を探るスケッチ約2,000枚を大公開

ヨシタケさんが絵本作家デビュー以前から、日々描きためてきたスケッチの数々。小さな手帳の中に、ヨシタケさんの発想の源ともいえる、果てしない妄想やアイデア、そして世界の見方がつまっています。本展では、1万枚を超える膨大なスケッチの中から約2,000枚を複製し一挙に公開。過去最大規模で、ヨシタケさんの「頭のなか」をご覧ください。

ヨシタケシンスケ展かもしれない

愛用の手帳(『あんなに あんなに』スケッチ) 撮影:野澤亘伸
©Shinsuke Yoshitake

『なつみはなんにでもなれる』アイデアスケッチ

『なつみはなんにでもなれる』アイデアスケッチ
©Shinsuke Yoshitake

『りんごかもしれない』原画

『りんごかもしれない』原画
©Shinsuke Yoshitake

絵本の世界を体感できる仕掛けが盛り沢山

デビュー作『りんごかもしれない』をはじめ、『つまんない つまんない』『なつみはなんにでもなれる』など約20作の人気絵本から、原画や構想段階のアイデアスケッチなどを多数紹介します。ヨシタケさんのアイデアから生まれた、作品の世界に入り込んだような体験展示もご用意。大人も子どもも体と心を動かして楽しめます。

りんごかもしれない

『りんごかもしれない』ブロンズ新社 2013年
©Shinsuke Yoshitake

なつみはなんにでもなれる

『なつみはなんにでもなれる』PHP研究所 2016年
©Shinsuke Yoshitake

出品数400点以上!ヨシタケシンスケの謎を解き明かそう

絵本を出版する以前から、イラストレーターや造形作家として活躍してきたヨシタケさん。その独自の発想がどこからやってくるのか、学生時代の立体作品や、アトリエに保管されていた貴重な私物コレクションから、インスピレーションの源を探ります。

ヨシタケシンスケ展かもしれない

《ぶくぶく観音》 撮影:加藤新作
©Shinsuke Yoshitake

ヨシタケシンスケ プロフィール

ヨシタケシンスケ

撮影/黒澤義教

1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。

2013年に初の絵本『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)を出版。これまで『りんごかもしれない』『もう ぬげない』(ブロンズ新社)『りゆうがあります』『なつみはなんにでもなれる』『おしっこちょっぴりもれたろう』(PHP研究所)『あつかったら ぬげばいい』(白泉社)『あんなに あんなに』(ポプラ社) で7度にわたりMOE絵本屋さん大賞第1位に輝く。

『りんごかもしれない』で、第61回産経児童出版文化賞美術賞、『つまんない つまんない』(白泉社)の英語版『The Boring Book』で、2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞。

図録紹介

ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式図録『こっちだったかもしれない』

展覧会公式図録は、ヨシタケシンスケ自身が描き下ろしたコンテンツを豊富に収録。絵本のためのラフやアイデア、絵本原画をはじめ、展覧会のために描いた未公開スケッチを1000点以上収録。さらに、展覧会オリジナルグッズを自ら考案したスケッチは170点以上に。展覧会の裏話を含む5500字インタビューや、絵本作家デビューから10年の軌跡をたどる専門家による絵本論も必読です。

定価2,970円(本体2,700円+税)
B6判変型(W117×H163×D42mm) 496ページ
アートディレクション/大島依提亜 撮影/加藤新作 発行/白泉社

『復刻版 カブリモノシリーズ』

「頭にかぶったり、身につけたりすることで、何かができるようになったり、できなくなったりする」ものをヨシタケシンスケが1992年から97年に創造したカタログ。実際の立体作品は「ヨシタケシンスケ展かもしれない」に展示されているものも。構想メモやスケッチを収録し、1999年にヨシタケシンスケが自費出版した小冊子を展覧会のために復刻しました。

880円(税込)
B6版 モノクロ80ページ
著/ヨシタケシンスケ  発行/白泉社

「 ヨシタケシンスケ展かもしれない」開催概要

展覧会名 ヨシタケシンスケ展かもしれない
会期 2022年12月10日(土)〜2023年1月15日(日)
時間 10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 2023年1月1日(日・祝)
会場 松坂屋美術館
住所 愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 南館7階
アクセス
入場料 一般/1,000円(800円)
高・大生/700円(500円)
小・中生/400円(300円)

※価格は全て税込み。
※未就学児は無料
※( )内は前売・優待料金
※障害者手帳、小児慢性疾患手帳、被爆者健康手帳、特定疾患医療受給者証をお持ちの方は、ご本人とお付添の方1名様まで無料でご入館いただけます。
なお、身体障害者用スマホ手帳(ミライロID)のご提示についても同様となります。
ただし、12月10日(土)・11日(日)は日時指定制のため、他のお客様同様に日時指定のチケット購入が必要です。
※松坂屋の各種ご優待の案内に関しては、松坂屋美術館HPにてご確認ください。
チケット購入先 ●チケットのご購入について
前売券販売開始日:10月22日(土) 10:00~

●12月10日(土)・11日(日)は、日時指定制です。
【日時指定入館区分】
①「10:00~10:30」 ②「10:30~11:00」 ③「11:00~11:30」
④「11:30~12:00」 ⑤「12:00~13:00」 ⑥「13:00~14:00」
⑦「14:00~15:00」 ⑧「15:00~16:00」 ⑨「16:00~17:30」

【前売券】
ローソンチケット(Lコード:43110)
・ローソン・ミニストップ店頭「Loppi」
※前売券販売期間:10月22日(土)10:00~各日前日の23:59

【当日券】
松坂屋美術館
TEL:052-251-1111(大代表) 10:00~18:00 松坂屋名古屋店南館7階
※余裕がある日時に限り松坂屋美術館会場の窓口でも当日券を販売いたします。
※松坂屋美術館会場の窓口での前売券の販売はいたしません。

●12月12日(月)~1月15(日)は、日時指定制ではございません。
【前売券・当日券】
ローソンチケット(Lコード:43110)
・ローソン・ミニストップ店頭「Loppi」
チケットぴあ(Pコード:686-220)
イープラス
・セブンイレブン、ファミリーマート
※前売券販売期間:10月22日(土) 10:00~12月9日(金) 23:59

【当日券】
松坂屋美術館
TEL:052-251-1111(大代表) 10:00~18:00 松坂屋名古屋店南館7階
※松坂屋美術館会場の窓口での前売券の販売はいたしません。
※日時指定日以外の日に関しても、当日の混雑状況によりご入館いただけない場合がございます。
※当日の混雑状況により、整理券対応をさせていただく場合がございます。
公式サイト ヨシタケシンスケ展かもしれない 公式ホームページ
美術館公式サイト 松坂屋美術館 公式サイト
SNS一覧
主催 松坂屋美術館、メ~テレ、朝日新聞社、白泉社
協力 アリス館、PHP研究所、ブロンズ新社、ポプラ社
グラフィックデザイン 大島依提亜
会場構成 五十嵐瑠衣
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク