Share

  • noteアイコン
【展覧会】国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちの展覧会「DOMANI・明日展 2022-23」が国立新美術館にて2022年11月19日から開催が決定

NEW 【展覧会】国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちの展覧会「DOMANI・明日展 2022-23」が国立新美術館にて2022年11月19日から開催が決定

1242 Views この記事は約4分で読めます。
記事URLをコピーする

アート新情報では、日本全国で開催されているおすすめの展覧会やアートイベントをピックアップして、みどころや開催期間・会場・巡回展などの情報をまとめました。

国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちの展覧会「DOMANI・明日展 2022-23」が国立新美術館にて2022年11月19日(土)~2023年1月29日(日)まで開催が決定。本展のみどころや出品作家などをご紹介します。

※以下、画像と展覧会説明はプレスリリースから引用

「DOMANI・明日展2022-23」概要

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(在研)」を1967年度から実施しており、すでに半世紀を経過しました。

美術分野では、そうした成果発表の機会として1998年から「DOMANI・明日展」を開始し、2022年度で第25回目を迎えます。2008年の第11回展以降は、前年に東京・六本木にオープンした国立新美術館を会場に、天井高に恵まれた空間での大規模なグループ展とし、「海外研修」のアフター・プログラムとして、海外に送り出した人材を日本のアートシーンにプレゼンする機会としてきました。

前回(第24回)はコロナ禍の影響で東京では開催できず、しかし在研関連のネットワークを生かして全国5会場に展開し、あわせて第1回から第23回展に関するアーカイブ集『DOMANI・明日記録集:The Art of Tomorrow 1998-2021』を刊行しました。

2022年秋、2年ぶりの国立新美術館での開催となる本展は第25回の周年事業として、これまでに同館での「DOMANI・明日展」で本格的に取り上げることができていなかったキャリアの豊かな作家3名と、比較的近年に在研を終えた清新な作家6名、さらに「DOMANI・明日展」史上、初の同館2度目の参加となる近藤聡乃を招いた展示となります。

サブタイトルは「百年まえから、百年あとへ」。1923年に首都圏を見舞った「関東大震災」から百年目の年に東京で開かれる企画として、「ゆれる/ゆらぐ地面、制度、価値観」という視点から、コロナ禍後の次代の人材育成、美術界のあり方をも考えます。
国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちが、長期にわたる閉塞状態のアートシーンに遭遇したなかで思考を重ねた展覧会をご期待ください。

出品作家

※【 】内は文化庁新進芸術家海外研修歴、掲載順は研修年度順(近年~)となっています。作品イメージは参考図版を掲載。

大﨑 のぶゆき OSAKI Nobuyuki

現代美術【2020年度(1年研修)・ドイツ(シュトゥットガルト)】
自身の存在を軸に世界を知覚するべく、独自の方法である描かれた絵が溶けていく作品など、リアリティの不確かさや曖昧な感覚を視覚化する作品を制作。「イメージが消失する」という表現がもたらす感覚や思考をより深め、記憶や時間などのモチーフやイメージの存在について考察する作品を展開している。

大﨑のぶゆき《untitled album photo(Travel Journal) 4-22》 2022|写真

大﨑のぶゆき《untitled album photo(Travel Journal) 4-22》 2022|参考画像

谷中 佑輔 TANINAKA Yuske

彫刻、パフォーマンス【2019年度(3年研修)・ドイツ(ベルリン)】
主に彫刻とパフォーマンスで知られ、彫刻と身体の関係を通して、他者との共生や永遠性と瞬間の持続など彫刻の在り方を表現している。彫刻的であることとパフォーマンス的であること、彫刻と身体の関係をお互いの媒介作用であるかのようにこの生態系の運動の内部で作用させたいと考え、変化する両者の緊張関係をパフォーマンス作品として提示する。

谷中佑輔《Gallop》2022

谷中佑輔《Gallop》2022 | 参考画像
撮影:Alicja Hoppel

黒田 大スケ KURODA Daisuke

彫刻【2018度(1年研修)・アメリカ(テキサス、フォートワース)】
2017年に韓国の仁川の自由公園でマッカーサーの銅像を見て以来、自身の制作の基礎となっている「彫刻」について省みるようになり、1930年代の東京美術学校彫刻科への留学生に関するリサーチと制作をスタート。パフォーマンスなどユニークな手法で、芸術と公共の関係性、近代的な彫刻概念を明らかにすることに取り組んでいる。

黒田大スケ《瓦全のためのプラクティス》 2022

黒田大スケ《瓦全のためのプラクティス》2022 | 参考画像
撮影:大塚敬太+稲口俊太

池崎 拓也 IKEZAKI Takuya

現代美術【2017年度(1年研修)・アメリカ(ニューヨーク)】
大陸文化の影響を色濃く感じる、生まれ育った故郷・徳之島の風土や、中国の文化に興味を持ちながら、身のまわりにあふれる日用品や風景、文化や文脈を切り取り、自らにつなげる道標のように自身のアイデンティティを模索するような作品を制作している。

池崎拓也《The Address on The Address》 2019 | ドローイング

池崎拓也《The Address on The Address》 2019

石塚 元太良 ISHIZUKA Gentaro

写真【2010年度(1年研修)・アメリカ(ニューヨーク)、2021年度(特別研修・フィンランド(ケミヤルビ―)】
パイプライン、氷河、ゴールドラッシュなどの特定のモチーフを世界中で撮影し続け、ドキュメンタリーとアートの間を横断するように独自のイメージを提起している。近年は暗室で露光した印画紙を用いた立体作品や、多層に印画紙を編み込んだモザイク状の作品、自作を近代絵画と比較したインスタレーションなど、様々な表現で現代における写真の可能性を追い求め、高い評価を得ている。

石塚元太良《Texture_Glacier #001》2022 | 写真

石塚元太良《Texture_Glacier #001》2022

近藤 聡乃 KONDOH Akino

マンガ、現代美術【2008年度(1年研修)・アメリカ(ニューヨーク)】
モチーフが変容していくシュルレアリスティックな表現で少女の内面を描いたアニメーションから、緻密な筆致で存在感が際立つ油彩やドローイング、そして等身大のニューヨーク生活を切り取ったエッセイコミックに代表されるマンガなど、多岐にわたる作品を国内外で精力的に発表している。

近藤聡乃《『ニューヨークで考え中』第三巻プロローグ2(亜紀書房)》 2020 | マンガ原画 ©KONDOH Akino, Courtesy of the artist and Mizuma Art Gallery

近藤聡乃《『ニューヨークで考え中』第三巻プロローグ2(亜紀書房)》 2020
©Kondoh Akino, courtesy the artist and Mizuma Art Gallery

北川 太郎 KITAGAWA Taro

彫刻【2007年度(3年研修)・ペルー(クスコ)】
徹底して手仕事にこだわり、のみと石頭(せっとう)を使い長い時間をかけて石を素材に制作される彫刻は、プリミティヴで生命力にあふれており、おおらかで無垢なただずまいが未知の感覚を呼び覚ます。近年は現代への警鐘となるような展覧会へ多く参加し、石の内包する魅力をさまざまなアプローチで展開している。

北川太郎《静けさ》2016

北川太郎《静けさ》2016 撮影:べあもん

小金沢 健人 KOGANEZAWA Takehito

インスタレーション【2001年度(3年研修)・ドイツ(ベルリン)】
学生時代よりビデオによる映像作品の発表を始め、ドローイング、パフォーマンス、インスタレーションなどの要素が混在する多彩で複合的な表現に至る。時間と空間を同時に扱うものとして「運動」に着目し、その作品世界は国内外で高く評価されている。

小金沢健人《Double Sisters #8》2022

小金沢健人《Double Sisters #8》2022

丸山 直文 MARUYAMA Naofumi

絵画【1996年度(1年研修)・ドイツ(ベルリン)】
水面のような自由なにじみがあいまいで豊かなイメージをもたらす、具象でありながら抽象という丸山独自の絵画は、下地材を施していないカンヴァスに水を引き、絵具をにじませていくステイニングの技法を用いて描かれている。本展では初公開のドローイング群も交えて構成し、「絵画の内部にしか発生しない空間の可能性」を探求する制作を総合的に展覧する。

丸山直文《appear》2008 豊田市美術館蔵| 絵画

丸山直文《appear》2008 豊田市美術館蔵

伊藤 誠 ITO Makoto

彫刻【1996年度(1年研修)・アイルランド】
FRP(繊維強化プラスティック) 、ゴム、ステンレス、鉄など、現代の生活空間で身近な素材を使い、見たことのないもの、どこにもないものによる不思議でユーモラスな空間を作りだす。近年は身体に装着する彫刻やパフォーマンスを行うなど、新たな彫刻を模索し続けている。

伊藤誠《船の肉》2003 | 彫刻

伊藤誠《船の肉》2003
撮影: 山本糾

「DOMANI・明日展 2022-23 百年まえから、百年あとへ」開催概要

展覧会名 DOMANI・明日展2022-23 百年まえから、百年あとへ
会期 2022年11月19日(土)~2023年1月29日(日)
時間 10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
※毎週金曜日は20:00まで
休館日 毎週火曜日、年末年始2022年12月27日(火)~2023年1月11日(水)
会場 国立新美術館 企画展示室2E
住所 東京都港区六本木7-22-2
アクセス
入場方法 一般/1,000円(800円)
大学生/500円(300円)

※価格は全て税込み。
※( )内は前売り料金
※初日(11月19日(土))は大学生入場無料(学生証の提示が必要)。
※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料。
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。

※本展では団体券の販売はいたしません。
※会期中に当館で開催中の公募展のチケット、またはサントリー美術館および森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、本展覧会チケットを200円割引でご購入いただけます。
※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を学生300円、教職員800円でご覧いただけます。
※その他の割引などお得な情報はこちらをご覧ください。
チケット購入先 前売券は、展覧会ホームページ(オンラインチケット)、ローソンチケット(Lコード:34626)、イープラスでお求めください(2022年10月10日[月]から11月18日[金]までの販売。
以降は当日券のみの取扱い。手数料がかかる場合があります)。
国立新美術館での前売券の販売はありません。

※会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用いただけます。
クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER
電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯
公式サイト DOMANI・明日展2022-23 百年まえから、百年あとへ 公式サイト
美術館公式サイト 国立新美術館 公式サイト
SNS一覧
主催 文化庁、国立新美術館
協賛 公益財団法人 福武財団、日本美術家連盟、損害保険ジャパン、
サンエムカラー
協力 日本航空、東京スタデオ、カトーレック、フレームマン、CG-ARTS、シュウゴアーツ、ミヅマアートギャラリー、ユカ・ツルノ・ギャラリー、KOTARO NUKAGA、Satoko Oe Contemporary、ヴァンジ彫刻庭園美術館、なら歴史芸術文化村、亜紀書房
キュレーション 林洋子(文化庁芸術文化調査官)
企画協力 沢山 遼
カタログ編集 内田 伸一
アート・ディレクション 榊原健祐(Iroha Design)
制作 アート・ベンチャー・オフィス ショウ
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク