Share

  • noteアイコン
【展覧会】「百人一首乳母かゑとき」シリーズなど「百人一首」に関する作品約105点を展観した「北斎かける百人一首」がすみだ北斎美術館にて2022年12月15日から開催

【展覧会】「百人一首乳母かゑとき」シリーズなど「百人一首」に関する作品約105点を展観した「北斎かける百人一首」がすみだ北斎美術館にて2022年12月15日から開催

5796 Views この記事は約3分で読めます。
記事URLをコピーする

アート新情報では、日本全国で開催されているおすすめの展覧会やアートイベントをピックアップして、みどころや開催期間・会場・巡回展などの情報をまとめました。

「百人一首乳母かゑとき」シリーズから当館が所蔵する23図を展示するほか、江戸時代の『百人一首』事情なども紹介した「北斎かける百人一首」がすみだ北斎美術館にて2022年12月15日(木)から2023年2月26日(日)まで開催。本展のみどころや展示作品などをご紹介します。

※以下、画像と説明は、@Pressから情報提供を受けてプレスリリースから引用

「北斎かける百人一首」概要

北斎かける百人一首 葛飾北斎「百人一首うばがゑとき 僧正遍照」

葛飾北斎「百人一首うばがゑとき 僧正遍照」
すみだ北斎美術館蔵(前期)

『百人一首』は、江戸時代中期頃までに一般教養として広く浸透し、次第に狂歌や見立ての形でも流通するようになったことで、より存在感を増していきます。

そのような中、誰もが知る『百人一首』の歌を絵にして内容を解説する趣旨により、北斎最後の大判錦絵シリーズ「百人一首乳母かゑとき(ひゃくにんいっしゅうばがえとき)」は企画され、27図が出版されました。北斎は歌や歌人の一般的な伝承やイメージに独自の発想を盛り込み、北斎ならではの世界観を表現しています。

本展では「百人一首乳母かゑとき」シリーズから当館が所蔵する23図を展示するほか、江戸時代の『百人一首』事情なども紹介しながら、『百人一首』に関する作品約105点を幅広く展観。『百人一首』と北斎の力が掛け合わされた作品をご紹介します。

※「百人一首乳母かゑとき」の表記について
・シリーズ全体を指す場合は、本展では「百人一首乳母かゑとき」の表記で統一しています。
・個別の作品名及び解説は、画中に書き込まれている表記を優先しているため、シリーズ名や通例の和歌・歌人名の表記と異なる場合があります。

本展の見どころ

見どころ01

すみだ北斎美術館が所蔵する「百人一首乳母かゑとき」シリーズを前期・後期あわせて23図展示します。北斎によって色鮮やかに表現された『百人一首』をお楽しみください。

見どころ02

江戸時代には広く浸透していた『百人一首』。歌仙絵や狂歌のモチーフなど、様々な形で浮世絵にも登場しています。当時の『百人一首』事情を北斎や門人の浮世絵作品からご紹介します。

見どころ03

ご来館いただいた方限定!『百人一首』の一覧や歌人の関係性を紹介する補助資料を配布します。『百人一首』と展示作品を照らし合わせながらご鑑賞ください。

展示構成

第1章 『百人一首』の普及

『百人一首』は、江戸時代中期頃になると解説付きの書物が数多く出回るようになり、また教科書や手習いの見本にも取り入れられるなど、一般教養として広く浸透していきました。

さらにポルトガルから伝来した「カルタ」と結びつき、百人一首かるたとしても広まったことで、より親しまれる存在となりました。本章では、教材として使用された『百人一首』や、かるたとしての『百人一首』から、江戸時代の人々が『百人一首』に抱いていたイメージをご紹介します。

北斎かける百人一首 溪斎英泉『日用雑録婦人珠文匣 秀玉百人一首小倉栞』

溪斎英泉『日用雑録婦人珠文匣 秀玉百人一首小倉栞』
すみだ北斎美術館蔵(部分) 左:紫式部(前期)、右:清少納言(後期)

第2章 『百人一首』の発展

一般教養やかるた遊びとして広く浸透した『百人一首』は、滑稽なものが好まれる世の流れに従い、歌をもじった狂歌や、歌人になぞらえて描いた作品、優れたものを100選ぶ形式を利用した書物など、多様な形で流布し、一層存在感を増していきます。

本章では、『百人一首』の歌人を見立てた姿が描かれた作品や、歌をもじった狂歌の作品、『百人一首』の形式を利用した作品をご紹介します。

北斎かける百人一首 葛飾北斎「楊枝屋店先」

葛飾北斎「楊枝屋店先」
すみだ北斎美術館蔵(前期)

第3章 描かれた『百人一首』

本章では「百人一首乳母かゑとき」シリーズから、すみだ北斎美術館が所蔵する錦絵23図を前期・後期にわけて展示します。さらに、北斎や門人が、紫式部や西行など『百人一首』の歌人を題材に描いた作品をご紹介します。

必見!「百人一首乳母かゑとき」シリーズ
「百人一首乳母かゑとき」は、「冨嶽三十六景」や「諸国名橋奇覧」などに続いて制作された北斎最後の大判錦絵シリーズで、錦絵27図が出版されました。

『百人一首』の歌の意味を大人が子どもに説明する主旨で企画され、「乳母が絵解きをする」の意からこの名称がついています。北斎は、歌や歌人の一般的な伝承やイメージに独自の発想を盛り込み、北斎ならではの世界観を表現しています。

小野小町
「花の色はうつりにけりないたらに
身よにふるなめせしまに」

北斎かける百人一首

葛飾北斎「百人一首うはかゑとき 小野の小町」
すみだ北斎美術館蔵(前期)

在原業平
千早振ちはやぶるもきかすず龍田川
からくれなゐいに水くゝくるとは」

北斎かける百人一首 葛飾北斎「百人一首乳母か絵説 在原業平」

葛飾北斎「百人一首乳母か絵説 在原業平」
すみだ北斎美術館蔵(後期)

「百人一首乳母かゑとき」シリーズの展示期間
※シリーズ名を省略した作品名のみを記載しているため、通例の歌人名とは異なります。順不同。全てすみだ北斎美術館蔵。

【前期(12/15~1/22)】
「天智天皇」「柿の本人麿」「小野の小町」「僧正遍照」「伊勢」「元良親王」「文屋朝康」「藤原道信朝臣」「権中納言定家」
「菅家」(12/15~1/8)

【後期(1/24~2/26)】
「持統天皇」「中納言家持」「安倍仲麿」「参議篁」「在原業平」「藤原繁行朝臣」「源宗于朝臣」「貞信公」「春道列樹」「三條院」「大納言経信」

【作品を替えて通期展示】
「猿丸太夫」「大中臣能宣朝臣」

イメージされた歌人たち

北斎かける百人一首 葛飾北斎「五歌仙 月」

葛飾北斎「五歌仙 月」
すみだ北斎美術館蔵(作品を替えて通期展示)

「北斎かける百人一首」開催概要

展覧会名 北斎かける百人一首
会期 2022年12月15日(木)~2023年2月26日(日)
※前期・後期で一部展示替えあり。
前期:2022年12月15日(木)~2023年1月22日(日)
後期:2023年1月24日(火)~2月26日(日)
時間 9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月1日)、1月4日(水)、1月10日(火)
※開館:1月2日(月・休)、1月3日(火)、1月9日(月・祝)
会場 すみだ北斎美術館
住所 東京都墨田区亀沢2丁目7−2
アクセス
入場料 一般/1,000円
高校生・大学生/700円
65歳以上/700円
中学生/300円
障がい者/300円
小学生以下/無料

※価格は全て税込み。
※観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示をご覧になれます。
※団体でのご来館は、当面の間、受付を行いません。
※中学生・高校生・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証をご提示ください。
※65歳以上の方は年齢を証明できるものをご提示ください。
※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などをお持ちの方及びその付添の方1名まで障がい者料金でご覧いただけます。(入館の際は、身体障がい者手帳などの提示をお願いいたします)。
美術館公式サイト すみだ北斎美術館 公式サイト
SNS一覧
主催 墨田区・すみだ北斎美術館
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク