Share

  • noteアイコン
【アート】「コピックアワード」の受賞作品をNFTとして販売する ウェブサイト『COPIC AWARD NFT STORE』10月初旬オープン

【アート】「コピックアワード」の受賞作品をNFTとして販売する ウェブサイト『COPIC AWARD NFT STORE』10月初旬オープン

979 Views この記事は約2分で読めます。
記事URLをコピーする

アート新情報では、日本全国で開催されている展覧会やアートイベントの開催概要や巡回展などの情報をまとめました。

コピックを使った作品コンテスト「コピックアワード」における受賞者の作品をNFTとして販売するウェブサイト「COPIC AWARD NFT STORE」を2022年10月初旬よりオープンし購入が可能になります。

※以下、画像と商品説明は、@Pressから情報提供を受けてプレスリリースから引用

COPIC AWARD NFT STOREについて

【アート】「コピックアワード」の受賞作品をNFTとして販売する ウェブサイト『COPIC AWARD NFT STORE』10月初旬オープン画像

COPIC AWARD NFT STORE

「COPIC AWARD NFT STORE」は2017年に始まったコピックを使った作品コンテスト「コピックアワード」における受賞作品をToo Digital Marketplaceの協力のもとNFTとして販売をするウェブサイトです。

過去の受賞作品をはじめ、現在応募受付中の「コピックアワード2022」の受賞作品が副賞としてNFT化され、さまざまなアーティストたちの作品を購入することができるようになります。

今後、より多くのコピックアーティストの作品を掲載し、描く楽しさと同時にアーティストにとっての新しい経済圏の提供を目指します。

ストアオープン日時:2022年10月初旬
開始次第、下記サイトにてご案内いたします。

【コピックアワード公式ウェブサイト】
日本版: https://copicaward.com/ja/
英語版: https://copicaward.com/

コピックアワード2022について

コピックアワードは「世界中のコピックユーザーとつながる」ことをコンセプトにした、ウェブ上で作品を募集するコンテストです。コピックを使用したオリジナル作品を広く募集しており、どなたでも無料でご参加いただけます。

2021年の開催では、世界94カ国から5,183点もの応募作品が集まりました。

応募作品はコピックアワードの特設サイトに掲載され、自分の作品を多くの人に発信できると同時に、世界中の参加者の作品観覧もお楽しみいただけ、第5回目となる今回は、2022年9月15日(木)まで作品を募集しており、まだまだ応募可能ですので、ご興味のある方は是非ご応募ください!

過去に開催されたコピックアワードの受賞作品
https://copicaward.com/ja/archive/

コピック(COPIC)について

コピックはTooグループで開発したアルコールマーカーの名称であり、用紙類やエアブラシなどの製品を含むブランド名です。

コピックのマーカーは358色ものラインナップを持ち、品質の高さや繰り返し長く使用できる点などが評価され、デザインの作画、イラストレーション、漫画の着彩、クラフトなど様々な分野で活用されています。

1987年から発売を開始し、現在は世界70カ国以上で販売されています。
主な製品:コピッククラシック、コピックスケッチ、コピックチャオ、コピックインク

株式会社Too Digital Marketplace

ブロックチェーン技術を用いたNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)に関するサービスの提供を行うことを目的に、クリエイティブ市場の総合商社である株式会社Tooの子会社として2021年6月に設立。

現在はNFTの企画販売、環境構築、運用管理、プロモーションなど幅広くNFTビジネスのコンサルティング事業を展開している。

会社概要

商号 株式会社トゥーマーカープロダクツ
代表者 代表取締役社長 石井 剛太
所在地 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル8F
設立 1989年10月6日
事業内容 描画用マーカーの製造、販売
資本金 1,600万円
公式サイト https://www.toomarker.co.jp
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク