Share

  • noteアイコン

【展覧会】2022年7月に開催される展覧会のおすすめ5選<神戸・京都・奈良編>

6453 Views この記事は約4分で読めます。
記事URLをコピーする

2022年7月に神戸・京都・奈良で、開催が予定されているおすすめ展覧会の情報をまとめました。テレビドラマ「裸の大将」でも有名な放浪の天才画家 山下清氏の展覧会「生誕100年 山下清展ー百年目の大回想」や原作完結記念で開催される大ヒット漫画「ゴールデンカムイ展」など大注目の展覧会が目白押しです。

神戸エリア

神戸で7月は様々な展覧会・イベントが開催される予定となっています。
その中から、日本では中々見ることができない西洋絵画コレクションも展示している「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」、放浪の天才画家でお馴染みの「生誕100年 山下清展ー百年目の大回想」をセレクトし紹介致します。

スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち

スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち画像

1859年の開館以来、購入や地元名士たちの寄贈や寄託などによってコレクションの拡充して、世界でも指折りの西洋絵画コレクションを有しているスコットランド国立美術館。

本展覧会は、その貴重なコレクションの中からラファエロ・ブーシェ・ルノワールなどルネサンス期〜19世紀後半までの油彩画・水彩画・素描作品など約90点を展示。
ゲインズバラなどイングランド出身の画家やレイバーンなどスコットランド出身の画家たちの作品も多数出品されています。

開催概要

展覧会名 スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち
会期 2022年7月16日(土)~ 9月25日(日)
時間 9:30~17:30
金曜日と土曜日は19:30まで
※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜・7月19日(火)・9月20日(火)
※ただし7月18日(月・祝日)と9月19日(月・祝日)は開館
会場 神戸市立博物館
住所 兵庫県神戸市中央区京町24
アクセス
入場料 一般/1,800円(1,600円)
大学生/900円(700円)
高校生以下/無料
※()内は前売り・団体価格です。
※団体は20名以上。
公式サイト スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち 公式サイト 公式サイト

巡回展

  • 【北九州会場】
    2022年10月4日(火)~11月20日(日):北九州市立美術館

生誕100年 山下清展ー百年目の大回想

生誕100年 山下清展ー百年目の大回想画像

過去に放送されていた、テレビドラマ「裸の大将」でも有名な放浪の天才画家 山下清氏。
18歳で放浪の旅をスタートさせて、旅先で記憶に残った風景を貼絵として色鮮やかに描いてきました。

しかし、山下清氏は放浪中に絵は描いていませんでした。
これまでに見た景色を克明に記憶していて、旅に戻った後に思い出しながら作品を制作していたというのは驚きです。

本展では、貼絵はもちろん、油彩や水彩画・ペン画など様々な作品約170点を展示しています。
会場は幼少期〜円熟期まで、激動の時代を駆け抜けた人生を5章に分けて紹介。

開催概要

展覧会名 生誕100年 山下清展ー百年目の大回想
会期 2022年6月25日(土)〜 8月28日(日)
時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 月曜日、7月19日
※ただし7月18日は開館
会場 神戸ファッション美術館
住所 神戸市東灘区向洋町中2-9-1
アクセス
入場料 一般/1,000円(800円)
65歳以上・大学生/500円(400円)
高校生以下/無料
神戸市内在住の65歳以上/無料
※()内は有料入館者30人以上の団体料金。
公式サイト 特別展「生誕100年 山下清展ー百年目の大回想」 公式サイト

京都エリア

京都でも7月は様々な展覧会・イベントが開催予定となっています。
その中から北海道の歴史を知ることができる「ゴールデンカムイ展」、河内長野の歴史を学ぶことができる「河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」をセレクトし紹介致します。

ゴールデンカムイ展

ゴールデンカムイ展画像

©野田サトル/集英社

2022年4月に惜しくも連載が完結し、それを記念して開催される「ゴールデンカムイ展」。
大盛況に終わった東京会場を経て、いよいよ京都へ。

会場は、第6ゾーンに分けて金塊争奪戦に参戦した主要キャラクターの紹介、物語の重要キャラクターでもある「24人の刺青囚人」の紹介などそれぞれにテーマを設定し約120点を超える原画を展示。

原作者 野田サトル先生の所有する資料や各地博物館からの民具資料も展示し、ゴールデンカムイの世界観を再現していますよ。
※アニメ化されていないストーリーも含まれているので、ご注意ください。

開催概要

展覧会名 ゴールデンカムイ展
会期 2022年7月9日(土)~9月11日(日)
時間 10:00~18:00(入場はそれぞれ30分前まで)
※金曜日は19:30まで
休館日 月曜日、7月19日(火)
※ただし7月18日(月)は開館
会場 京都文化博物館 4・3階展示室
住所 京都府京都市中京区東片町623−1
アクセス
入場料 一般・大学生/1,500円(1,300円)
中・高校生/1,200円(1,000円)
小学生/900円(700円)
※( )内は前売りおよび団体料金
※団体料金は20名以上の団体が対象です。
公式サイト ゴールデンカムイ展 公式サイト

巡回展

  • 【福岡会場】
    22022年10月15日(土)〜11月27日(日):福岡アジア美術館

特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─

特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─画像

本展では、2016年〜2019年にかけて観心寺と金剛寺の文化財悉皆調査を実施し、その成果を公開しています。
従来知られた名品に加えて、調査によってみいだされた文化財も紹介。

国宝の「日月四季山水図屏風(右隻)」や重文 伝宝生如来坐像(弥勒菩薩)などが展示し、文化財群が存在する河内長野の歴史を学ぶことができます。

公式サイトにて「鑑賞ガイド」も配布されているので、解説を読んでから会場に行くとより一層楽しめますよ。

開催概要

展覧会名 特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─
会期 2022年7月30日(土)~9月11日(日)
【前期展示】:2022年7月30日(土)~8月21日(日)
【後期展示】:2022年8月23日(火)~9月11日(日)
※会期中、一部作品の展示替があり
時間 火~木・日/9:00~17:30(入館は17:00まで)
金・土  /9:00~20:00(入館は19:30まで)
休館日 月曜日
会場 京都国立博物館 平成知新館2F、1F
住所 京都府京都市東山区茶屋町527
アクセス
入場料 一般/1,200円
大学生/600円
高校生/300円
中学生以下/無料
※前売券・団体券はありません。
公式サイト 特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─ 公式サイト

奈良エリア

奈良でも7月は様々な展覧会が開催予定となっています。
その中から、重要文化財「貞享本當麻曼荼羅 (じょうきょうぼんたいままんだら)と中将姫の歴史を触れる事ができる「中将姫と當麻曼荼羅」をセレクトし紹介致します。

中将姫と當麻曼荼羅

中将姫と當麻曼荼羅画像

本展は、重要文化財の「貞享本當麻曼荼羅 (じょうきょうぼんたいままんだら)」の修理が終えた事を記念して開催。

貞享本製作プロジェクトは、江戸時代の延宝7年(1679)に描かれ、貞享3年(1686)に霊元天皇の宸筆 (しんぴつ)を得て完成した「貞享本」を美しい姿に戻すために活動し、今回はその修理過程の資料なども公開し全貌を知ることができます。

そして周辺の當麻曼荼羅信仰や、連動する中将姫信仰の動向についても紹介・解説し、国宝5件・重文13件を含む約77件を展示しています。

開催概要

展覧会名 中将姫と當麻曼荼羅
会期 2022年7月16日(土)~8月28日(日)
時間 9:30~18:00(入館は閉館の30分前まで)
※毎週土曜日は19:00まで
休館日 毎週月曜日、7月19日(火)
※ただし、7月18日(月・祝)・8月15日(月)は開館
会場 奈良国立博物館 西新館
住所 奈良県奈良市登大路町50
アクセス
入場料 一般/1,600円(1,400円)
高大生/1,000円(800円)
小中生/500円(300円)
※( )内は前売り券の価格です。
公式サイト 中将姫と當麻曼荼羅 公式サイト
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク