Share

  • noteアイコン

【展覧会】2022年7月に開催される展覧会のおすすめ5選<関東編>その03

67 Views この記事は約4分で読めます。
記事URLをコピーする

2022年7月に関東で開催が予定されているおすすめ展覧会の情報をまとめました。

壁と床360度に投影し映像と音楽で包み込む体感型デジタルアートでゴッホの世界を追体験できる「ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー」やイタリア・ボローニャで行われる児童書のイラストレーション・コンクールの入選作品を紹介する「2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」など大注目の展覧会が目白押しです。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー画像

角川武蔵野ミュージアムのグランドギャラリーでは、1100㎡以上の巨大空間に34台の高輝度プロジェクターを組み合わせて、壁と床360度に投影し映像と音楽で包み込む「体感型デジタルアート劇場」となっています。

今回は《ひまわり》、《糸杉》、《自画像》などで有名なフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)が見た世界を再現し、情熱的な画家の人生を追体験できます。
鑑賞の順番は決まっておらず、自由に歩き回ったり、会場に設置しているハンモックやクッションに座ってゆっくり鑑賞することが可能です。

スマートフォンとイヤホンがあれば、展示内容を紹介するデジタルハンズアウトやリアルタイム音声ガイドが無料で利用できるのも嬉しい。

開催概要

展覧会名 ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー
会期 2022年06月18日(土) 〜 2022年11月27日(日)
時間 10:00~18:00(最終入館は閉館の30分前まで)
※金・土は10:00~21:00
休館日 第1・3・5火曜日
会場 角川武蔵野ミュージアム 1階 グランドギャラリー
住所 埼玉県所沢市東所沢和田3丁目31−3 ところざわサクラタウン
アクセス
入場料 一般(大学生以上)/2,400円(2,200円)
中高生/2,000円(1,800円)
小学生/1,300円(1,100円)
未就学児/無料
※価格は全て税込み。
※()内はオンライン購入時の価格です。
公式サイト ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー 公式サイト

2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展画像

ボローニャ国際絵本原画展(通称:ボローニャ展)とは、児童書専門のブックフェアが主催で、イタリア・ボローニャで行われる児童書のイラストレーション・コンクールの入選作品を紹介する展覧会です。

新人作家の登竜門としても有名で毎年各国から多数のエントリーがあります。2022年は過去最多の92か国3873件のエントリーの中、29か国78作家が入選しました。

会場には、入選した作家の多彩な表現の絵本原画を展示し、新しい作品に出会うことができます。

開催概要

展覧会名 2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
会期 2022年6月25日(土)~8月7日(日)
時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日
※ただし7月18日(月)は祝日のため開館、7月19日(火)は休館
会場 板橋区立美術館
住所 東京都板橋区赤塚5丁目34−27
アクセス
入場料 一般/650円
高校・大学生/450円
小・中学生/200円
※価格は全て税込み。
※土曜日は小中高校生は無料で観覧が可能。
※65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)
公式サイト 2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 公式サイト

巡回展

  • 【兵庫会場】
    2022年8月13日(土)~9月25日(日):西宮市大谷記念美術館
  • 【石川会場】
    2022年11月3日(木)~12月11日(日):石川県七尾美術館
  • 【群馬会場】
    2022年 12月 17 日 (土)~2023年1 月22日(日):太田市美術館・図書館

蜷川実花 「瞬く光の庭」

蜷川実花 「瞬く光の庭」画像

独特な色彩感覚で見るものを魅了し、現代日本を代表する写真家・映画監督の蜷川実花氏の展覧会。
今回は、国内各地の植物園や庭園などで撮影した新作の写真と映像作品に加え、東京都庭園美術館の園庭や重要文化財に指定されている本館(旧朝香宮邸)を撮り下ろした作品など約80点を展示。

蜷川氏が今、強く惹かれているという、光に溢れた色 “光彩色”(こうさいしょく)の世界、夢かと見まがうかのような現実の一瞬を映し出す写真・映像をお楽しみください。

開催概要

展覧会名 蜷川実花 「瞬く光の庭」
会期 2022年6月25日(土)〜9月4日(日)
時間 10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎週月曜日、7月19日(火)
※ただし7月18日(月・祝)は開館
会場 東京都庭園美術館
住所 東京都港区白金台5-21-9
アクセス
入場料 一般/1,400円(1,120円)
大学生(専修・各種専門学校含む)/1,120円(890円)
中・高校生/700円(560円)
65歳以上/700円(560円)
小学生以下および都内在住在学の中学生/無料
※価格は全て税込み。
※( )内は20名以上の団体料金
※本展はオンラインによる事前予約制。
公式サイト 蜷川実花 「瞬く光の庭」 公式サイト

Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-

Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-画像

2022年4月にドキュメンタリー番組「情熱大陸」でも放映された更に話題になった、コマ撮りアニメ、ミニチュア、トリックラクガキという3つの分野で活動するMozu(水越 清貴)氏の巡回展。

会場には、SNSでも人気の作品で、もしも自分の部屋にこびとが住んでいたらをテーマに制作された「こびとの秘密基地」「こびとの旅館」のこびとシリーズやアニメ「クレヨンしんちゃん」の新オープニングで使用された野原家のミニチュア作品、コマ撮りアニメ作品、トリックラクガキ作品なども展示。

開催概要

展覧会名 Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい-
会期 2022年7月22日(金)〜8月9日(火)
時間 10:00〜19:30(20:00で閉場)
※最終日は17:30まで(18:00で閉場)
休館日 無休
会場 大丸東京店 11階催事場
住所 東京都千代田区丸の内1丁目9-1
アクセス
入場料 一般/1,300円(1,000円)
大学・高校生/900円(700円)
小中学生/700円(500円)
未就学児/無料
※価格は全て税込み。
※( )内は前売料金および大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸・松坂屋アプリ会員のサファイヤランク以上、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証などをお持ちの方のご優待料金。
※7月22日(金)〜24日(日)の全日、7月25日(月)〜8月9日(火)の午前10時から午後1時までの入場は全て日時指定券。
公式サイト Mozuアートワーク -ちいさなひみつのせかい- 公式サイト

巡回展

  • 【神奈川会場】
    2022年8月11日(木・祝)〜8月29日(月):横浜髙島屋ギャラリー 8階

日本のグラフィックデザイン2022

日本のグラフィックデザイン2022画像

日本のグラフィックデザインとは、会員約3,000人を擁するアジア最大級のデザイン団体、日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)が過去1年間のJAGDA会員の優れた仕事や作品をまとめた年鑑を発行。

本展は、2022年版の掲載作品からシンボル・ロゴ、ポスター、ウェブサイト、映像、書籍、商品パッケージなど約300点を、実物とモニタで展示。

開催概要

展覧会名 東京ミッドタウン・デザインハブ第97回企画展 日本のグラフィックデザイン2022
会期 2022年6月30日(木)~8月11日(木・祝)
時間 11:00〜19:00
休館日 会期中無休
会場 東京ミッドタウン・デザインハブ
住所 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
アクセス
入場料 入場無料
公式サイト 日本のグラフィックデザイン2022 公式サイト
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク