Share

  • noteアイコン

NEW 【Blog】最新作「ONEPIECE FILM RED」の試写会をネタバレなしでレビュー

845 Views この記事は約1分で読めます。
記事URLをコピーする

このブログでは、デザイン事務所playparkの代表やスタッフが日常の出来事やアート・デザインなどについて綴っています。

ありがたい事に最新作の「ONEPIECE FILM RED」の試写会を二回参加させて頂き、今回はネタバレなしでレビューをしてみます。連載開始から25周年という特別な年に公開される新しい劇場版ONEPIECEになっています。

新しい劇場版ONEPIECE。

【Blog】最新作「ONEPIECE FILM RED」の試写会をネタバレなしでレビュー画像

こんにちは。
Takenaka(@playpark_design)です。

ありがたい事に、試写会を二回参加させて頂きましたが、もう一回観たいです。
一回目は普通のホールで二回目は映画館でしたが、やっぱりIMAXで、あの歌声を体験したい。

具体的な感想を言うと色んな人に怒られるので、ネタバレなしで、観てみたいと思うような感想を…という事で、嫌なプレッシャーを抱えながら、レビューしていきます。

ハッキリ言うと、良い部分も悪かった部分も細かく書くと、どれもこれもネタバレになる。
予告編やチラシなど、公開されている情報のみを引用しつつ、述べてます。

「音楽」の持つ良い部分と悪い部分を「ウタ」という少女を通して、上手くまとめられたストーリーになっています。

これまでの劇場版とは違う別格の作品。

「歌」を軸に構成し、新しい劇場版ONEPIECEに挑戦した作品になっていて、最近の作品で言うと映画「竜とそばかすの姫」に近いジャンルかな。

ミュージカル映画ともちょっと違う。
なので苦手な人が、出てくる可能性もあるかも…。

ただ、赤髪海賊団が絡んでくるので、これまでの劇場版とは違う別格の作品になってます。
ONEPIECEを知らない人でも「何?あの赤髪の人、カッコよ〜」ってなるのは確実です(笑)。

相変わらず、津田さんはええ声してるし、予告編でも流れる「風のゆくえ」がめちゃくちゃグッときて泣いた。
早く音楽配信で聴きたい。

通常の映画館でも鳥肌モンでしたが、ぜひ、IMAXで。

作品概要

作品名 ONEPIECE FILM RED
公開日 2022年8月6日(土)
上映時間 115分
原作・総合プロデューサー 尾田栄一郎
監督 谷口 悟朗
脚本 黒岩勉
キャスト 田中真弓/中井和哉/岡村明美/山口勝平/平田広明/大谷育江/山口由里子/矢尾一樹/チョー/宝亀克寿/名塚佳織/Ado/津田健次郎/池田秀一
公式サイト ONEPIECE FILM RED 公式サイト

あとがき

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回は、ご縁があって試写会に参加させて頂きましたが、第一話のスタートから25年経ってこうしてシャンクスが登場する映画が公開されるとは、なんとも言えない感情になります。

あとがき

記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク