Share

  • noteアイコン
【セール】Amazon夏の半額セールのkindle本からデザイナーがオススメする読んでおいて損はないデザイン本10選

【セール】Amazon夏の半額セールのkindle本からデザイナーがオススメする読んでおいて損はないデザイン本10選

8683 Views この記事は約18分で読めます。
記事URLをコピーする

Amazonで夏のビッグセールがスタートし、グラフィックデザイン関連のkindle本が2022年8月10日(水) ~2022年8月25日(木) 23:59まで最大50%OFFのセール中。

今回はセール対象の中から、デザインの勉強に役立つオススメの本を10冊セレクトして紹介しますので、役に立つことができれば幸いです。

Kindle本夏のビッグセール

Amazon夏のビッグセールとは、kindle本が2022年8月10日(水) ~2022年8月25日(木) 23:59まで最大50%OFFのセールを実施。

今回はそのビッグセール対象の中から「これからデザインの勉強をしようとしている方」や「デザインには興味があるけど、何から学べば良いのか分からない方」を対象に現役デザイナーが役立つオススメの本を10冊セレクトしました。

デザイン本って、デザイン知識を解説しているものからデザイン作例・配色見本などアイデアを掲載しているものまで、結構な数の本が出版されています。
それらを一冊ずつ購入していると、予算がいくらあっても足りなくなります。

そんな時は、今回のように半額セールを利用するとお得に沢山購入できるので、まとめ買いしておくといいですよ。

デザイン入門教室[特別講義] 確かな力を身に付けられる ~学び、考え、作る授業~ (Design &IDEA)

デザイン入門教室は、デザインの基礎となる「レイアウト」「写真と画像」「配色」「書体」「文章のデザイン」を学ぶことができます。

内容も文章と図解や画像で説明しているので、とても分かりやすい構成で、デザインの教科書とも言えます。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

デザイン学に興味を持ち始めたらまずは読んで欲しい一冊です。

商品概要

書籍名 デザイン入門教室[特別講義] 確かな力を身に付けられる ~学び、考え、作る授業~ (Design &IDEA)
著者名 坂本 伸二
発売日 2015/6/30
価格 2,035円→1,018円
ページ数 211ページ
出版社 SBクリエイティブ

イメージをパッと形に変えるデザイン大全

イメージをパッと形に変えるデザイン大全は「きれいな」「明るい」「かわいい」「おしゃれ」「楽しい」などイメージ別に全12章に分けて、200点超えのデザイン作例が収録されています。

デザインのアイデアに困った時や作った事がないイメージなどを参考にする時にとても役に立つ一冊。
直感で探せる工夫がされているのも嬉しいポイント。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

デザインの現場でもクライアントから様々な要望があるので、イメージ別にまとめられたデザイン作例を見ていると新しいアイデアが結構、浮かんできます。

商品概要

書籍名 イメージをパッと形に変えるデザイン大全
発売日 2021/1/21
価格 2,200円→1,100円
ページ数 291ページ
出版社 SBクリエイティブ

新ほめられデザイン事典 レイアウトデザイン[Photoshop&Illustrator]

新ほめられデザイン事典 レイアウトデザインは、「BASIC(デザインの基本)」「TYPOGRAPHY(文字)」「COLOR(配色)」「TITLE&MARK(見出し)」「PHOTOGRAPHY(写真)」「DECORATION(飾り・あしらい)」の6つのチャプターに分けて93点のレイアウトアイデアを掲載しています。

この本の特徴は、ただレイアウトアイデアを掲載しているだけでなく、Adobe社のIllustratorとPhotoshopを使用した作成方法も解説しています。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

レイアウトアイデアが掲載している本は結構ありますが、その作成方法まで掲載しているのは少ないんですよね。
作り方を真似する事でレイアウトも覚えれてIllustratorやPhotoshopのスキルも上がるので一石二鳥。

商品概要

書籍名 新ほめられデザイン事典 レイアウトデザイン[Photoshop&Illustrator]
著者名 上田 マルコ/尾沢 早飛/加瀬 透/近藤 聡/サノ ワタル
発売日 2018/12/3
価格 2,500円→1,375円
ページ数 323ページ
出版社 翔泳社

新ほめられデザイン事典 写真レタッチ・加工[Photoshop]

新ほめられデザイン事典 写真レタッチ・加工は、Photoshopを使ってレタッチや加工テクニックを紹介・解説しています。

「Basic[基本]」「Person[人物]」「Scene[風景]」「Typography[文字・ロゴ]」「Cool&Cute[クール&キュート]」「Collage[コラージュ]」の6チャプターに分けて、様々なテクニックを学ぶことができます。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

デザインの現場では、クライアントから提供される画像が高解像度ではなかったり、補正しないと使えないモノだったりする事が多々あります。そういう時に加工テクニックが多いほど柔軟に対応できるので、読んでおいた方がいい一冊。

商品概要

書籍名 新ほめられデザイン事典 写真レタッチ・加工[Photoshop]
著者名 永楽 雅也/高橋 としゆき/黒田 明臣/楠田 諭史
発売日 2018/9/10
価格 2,400円→1,320円
ページ数 299ページ
出版社 翔泳社

レイアウト・デザインの教科書

レイアウト・デザインの教科書は「整列」「近接」「反復」「黄金比・白銀比」「中軸」「グリッドデザイン」などのレイアウトの基本ルールを細かく解説しています。

レイアウトによっても様々な役割を持っています。要素の配置によって見た人にどのように伝わるのか?どういう意図を組み込めばいいのか?などデザイン論も交えて解説している一冊です。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

レイアウトってただ、綺麗に並べたらいいという訳ではないんです。ちゃんとターゲットに合わせたレイアウトを組まないと全く意図やメッセージが伝わらないという事をしっかり学べる良書。

商品概要

書籍名 レイアウト・デザインの教科書
著者名 米倉 明男/生田 信一/青柳 千郷(ベーコン)
発売日 2019/2/22
価格 2,530円→1,265円
ページ数 187ページ
出版社 SBクリエイティブ

タイポグラフィの基本ルール ―プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック

タイポグラフィの基本ルール ―プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニックは、文字を使って美しく見せるためのテクニックを解説しています。

本書は「タイポグラフィの素材」「基本的なテクニック」「レイアウト」「書体の選び方と演出スタイル」「文字を作る」の5章に分けて9つの基本レイアウトパターンと10種類の演出スタイルを紹介。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

フォント選び方一つでデザイン全体の印象がガラッと変わります。基礎を知り様々な演出方法やテクニックを身に着けることでデザインの幅が広がりますよ。

商品概要

書籍名 タイポグラフィの基本ルール ―プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック
著者名 大崎 善治
発売日 2010/11/29
価格 2,178円→1,089円
ページ数 160ページ
出版社 SBクリエイティブ

デザインの基本ノート 仕事で使えるセンスと技術が一冊で身につく本

デザインの基本ノートは「デザインの基本」「レイアウト」「配色」「写真と図版」「タイポグラフィ」「制作の基礎知識」の6チャプターに分けて、デザイン現場に必要な知識を解説しています。

本書は、デザインの基本も解説していますが、特殊印刷や製本・面付け、データ入稿の仕方なども掲載しているのは嬉しい。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

Web知識が主流になっているとは言え、印刷の知識も覚えておかないと仕事になりませんからね。この一冊でデザインの仕事の流れや最低限必要な知識を学ぶことができるのでオススメです。

商品概要

書籍名 デザインの基本ノート 仕事で使えるセンスと技術が一冊で身につく本
著者名 尾沢 早飛
発売日 2018/7/20
価格 2,508円→1,254円
ページ数 184ページ
出版社 SBクリエイティブ

配色デザイン良質見本帳 イメージで探せて、すぐに使えるアイデア集

配色デザイン良質見本帳は、配色の基本でもある色相・明度・彩度・トーンの解説から、イメージ別の配色アイデアが掲載しています。

「イメージから見つける配色」「色相・トーンから見つける配色」「配色に悩んだ時のヒント」など制作中に配色のアイデアが思いつかない時に心強い一冊です。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

デザインの打ち合わせなどで配色の話になった時に、配色見本帳がスマホやタブレットに入れておくと、スムーズに進んだりするのでオススメです。

商品概要

書籍名 配色デザイン良質見本帳 イメージで探せて、すぐに使えるアイデア集
著者名 たじま ちはる
発売日 2019/12/19
価格 2,530円→1,265円
ページ数 179ページ
出版社 SBクリエイティブ

配色アイデア手帖 日本の美しい色と言葉

配色アイデア手帖 日本の美しい色と言葉は、日本をテーマにした配色見本帳です。
「日本文化と伝統の技」「芸術と色」「四季」「色相別・日本の風景」など全101項目のテーマと合計2597選の配色アイデアを掲載しています。

写真・図案なども掲載しているので、配色アイデアの使用例も分かりやすく通常の色見本と一緒に持っていたい一冊。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

日本の四季から風景など一番よく見ているのは、この本に掲載している配色です。業種によっても違いますが、デザイン制作において日本独自の配色を提案する方が通りやすかったりします。あくまで経験上の話ですが。

商品概要

書籍名 配色アイデア手帖 日本の美しい色と言葉
著者名 桜井 輝子
発売日 2018/12/20
価格 1,958円→979円
ページ数 291ページ
出版社 SBクリエイティブ

特殊印刷・加工事典[完全保存版] デザイナーのための制作ガイド&アイデア集

特殊印刷・加工事典[完全保存版] デザイナーのための制作ガイド&アイデア集は、特殊印刷・加工の基本知識や印刷方法などを解説しています。

「オフセット印刷」「スクリーン印刷」「活字・活版印刷」など印刷方法の説明、特殊印刷の種類なども掲載しているので、デザイン本と合わせて持っておきたい一冊。

Takenaka Kenji
おすすめポイント

当事務所の名刺も箔押しでホログラム印刷を施しています。クライアントなどの方々と名刺交換をした時に、特殊印刷をしていると反応も違いますし、デザインを仕事にしていると一発で分かるのでこの本を読んでぜひ挑戦してみてください。

商品概要

書籍名 特殊印刷・加工事典[完全保存版]  デザイナーのための制作ガイド&アイデア集
著者名 フレア/西村 希美/島﨑 肇則
発売日 2019/9/25
価格 2,640円→1,320円
ページ数 157ページ
出版社 SBクリエイティブ

あとがき

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回は、グラフィックデザインを勉強する際に、必ず必要とされる基礎知識をしっかりと身に着けることができる書籍をピックアップしました。
一般的には、デザイナーはセンスで仕事しているイメージみたいですが、その裏ではものすごい量の勉強をしています。

現役でプロをしている方も皆さん始めのスタートは一緒で、基本知識をしっかりと身に付けて色々な感性を吸収しています。
これから勉強をされる方も焦らず基本の土台を大切にしてください。

記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク