Share

  • noteアイコン
【アート】スマートフォンを片手に探索・捕獲・観察して自分のコレクション図鑑が作れる展覧会「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海」の開催が決定

【アート】スマートフォンを片手に探索・捕獲・観察して自分のコレクション図鑑が作れる展覧会「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海」の開催が決定

796 Views この記事は約2分で読めます。
記事URLをコピーする

アート新情報では、日本全国で開催されている展覧会やアートイベントの開催概要や巡回展などの情報をまとめました。

スマートフォンを片手に探索し、様々な種類の海の生き物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくっていく展覧会「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海」が2022年9月29日からGalaxy Harajuku(東京・原宿)で開催が決定。

※以下、画像と商品説明は、PR TIMESから情報提供を受けてプレスリリースから引用

Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海とは?

【アート】スマートフォンを片手に探索・捕獲・観察して自分のコレクション図鑑が作れる展覧会「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海」の開催が決定画像

チームラボ《捕まえて集める恵みの海》© チームラボ

【アート】スマートフォンを片手に探索・捕獲・観察して自分のコレクション図鑑が作れる展覧会「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海」の開催が決定画像

チームラボ《捕まえて集める恵みの海》© チームラボ

アート集団チームラボは、スマートフォンを片手に、自らの身体で探索し、様々な種類の海の生き物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくっていく展覧会「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海」を、Galaxy Harajuku(東京・原宿)にて、2022年9月29日(木)から開催します。

9月25日(日)まで開催中の、森の絶滅動物や絶滅危惧種の動物を捕まえ、観察する「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める神秘の森」に続き、開催します。

「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海」は、体験型施設Galaxy Harajukuとチームラボが共同で行う展覧会です。

本展で展示する《捕まえて集める恵みの海》は、「捕まえ、観察し、解き放つ」をコンセプトに、自らの身体で探索し、発見し、捕まえ、そして、自ら捕まえたものをきっかけに興味を広げていくことを主眼とした新しい学びのプロジェクトです。Galaxyのスマートフォンを使い、探索し、様々な種類の海の生き物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくっていきます。

生き物は、あなたの肉体がある世界と、Galaxyのスマートフォンの中の世界を、境界なく行き来します。

遊び方について

【アート】スマートフォンを片手に探索・捕獲・観察して自分のコレクション図鑑が作れる展覧会「Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海」の開催が決定画像

チームラボ《捕まえて集める恵みの海》© チームラボ

「恵みの海」には、普段わたしたちが食べている魚、そして絶滅の危機にある生き物とすでに絶滅してしまった生き物が住んでいます。生き物に触れると、逃げたり、隠れたりします。

アプリのカメラで空間を泳ぐ魚を見て、そのカメラに写っている魚に「観察の矢」を放つと、現実の空間に「観察の矢」が飛んでいきます。「観察の矢」が当たると、空間からその魚は消え、スマートフォンに入ります。観察した魚の情報は、アプリの図鑑にコレクションされます。捕まえた魚を、アプリのカメラで見えている場所にスワイプすると、リリースされ、その場所に戻ります。

また、好きな場所で「観察の網」をタップすると、足元に「観察の網」を張ることができます。まわりの人々と協力しながら、身体を使って、海底の生き物を「観察の網」に追い込み捕らえると、生き物は空間から消え、同じように図鑑にコレクションされます。捕まえた生き物を、同じようにアプリのカメラで見えている場所にスワイプすると、リリースされ、足元に現れます。

コレクション図鑑は、同じ生き物でも、捕まえれば捕まえるほど、より詳しい情報が書き込まれていきます。

開催期間について

開催概要

展覧会名 Galaxy & チームラボ:捕まえて集める恵みの海
開催期間 2022年9月29日(木)- 終了日未定
会場 Galaxy Harajuku
住所 東京都渋谷区神宮前1丁目8-9
アクセス
優先入場券発行サイト https://line.galaxyharajuku.jp/line/event/schedule.html
Galaxy Harajuku https://www.galaxymobile.jp/galaxy-harajuku/
記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク