Share

  • noteアイコン
【新商品】カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定

©KARIMOKU FURNITURE INC. ALL RIGHTS RESERVED.

NEW 【新商品】カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定

1936 Views この記事は約4分で読めます。
記事URLをコピーする

これから発売を予定している様々なジャンルのちょっと気になるカプセルトイをピックアップして紹介。

カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定。商品のラインナップや販売情報などをご紹介します。

※以下、画像と商品説明は、valuepressから情報提供を受けてプレスリリースから引用

「オールドカリモクコレクション 第2弾」とは?

オールドカリモクコレクション 第2弾 POP

日本トップクラスの家具メーカー「カリモク」の公式フィギュアを2019年より開発
カリモク家具は、愛知県に本社を置く、日本を代表する家具メーカー。ケンエレファントでは、カリモク家具の監修のもと、2019年に「カリモクファニチャー」シリーズをリリースしました。

カリモク家具のロングライフデザインブランド「カリモク60」を手のひらサイズで再現した「カリモク60 ミニチュアファニチャー」を皮切りに、続々と新コレクションを開発・販売。精巧な作りと家具の特徴を捉えた再現性で毎回話題となり、これまでのシリーズ総生産数は120万個を超えています。
※本製品は『カリモク家具』公認の製品です。

昭和時代の応接間で愛用されていたソファや椅子、テーブルが全6種

このたび発売する「カリモクファニチャー オールドカリモクコレクション 第2弾」は、2022年1月に登場した「カリモクファニチャー オールドカリモクコレクション」に続く、待望の新作。「オールドカリモク」とは、カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していた家具の通称です。

今回のラインナップも、第1弾と同様、もう手に入らない生産終了の銘品ばかり。昭和時代の応接間などで愛用されていたソファや椅子、テーブルをミニチュアフィギュア化しました。

家具に使われている生地の光沢感や重厚感を忠実に再現し、造形にも徹底的にこだわって開発。コンパクトサイズながら、昭和の人たちの暮らしぶりや、家庭の温もりを感じることができるアイテム全6種をお届けします。

ケンエレファントのオンラインショップでも9個入りBOXの予約を開始しました。
「カリモクファニチャー オールドカリモクコレクション 第2弾」商品ページ
https://kenelephant.co.jp/gc0338/

「オールドカリモクコレクション 第2弾」カプセル&パッケージ

【新商品】カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定画像
【新商品】カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定画像

商品ラインナップ<全6種>

椅子(1500 赤色/黒色)

【新商品】カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定画像

サイズ(約):「1500」H4.5×W4.3cm
©KARIMOKU FURNITURE INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ソファ(1520 赤色/黒色)

【新商品】カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定画像

サイズ(約):「1520」H4.5×W8.6cm
©KARIMOKU FURNITURE INC. ALL RIGHTS RESERVED.

1人掛け用の「1500」と、2人掛けの「1520」が登場。アーム部は木製となっており、当時の日本の住居を考慮したコンパクトサイズの応接椅子です。

2人掛け用の「1520」は、組み立てることで横約8.6cmものビックサイズに。背もたれに施された、立体感のあるダイヤモンド柄のキルティングは、造形による凹凸(おうとつ)とツヤのある塗装で表現。まるでアメ車のベンチシートのような佇まいはビンテージ感を際立たせています。

椅子(5100 茶色)

【新商品】カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定画像

サイズ(約):H4.6×W4.7cm
©KARIMOKU FURNITURE INC. ALL RIGHTS RESERVED.

本格的な応接椅子である「5100」。張地の合成皮革に、花や葉など植物の柄をカービングしたような柄を施施した豪華な装飾が魅力です。本商品では、造形に凹面をつけることで表現しました。
円柱状に削り出された脚柱や脚は、その細やかな意匠を損なわないよう造形にこだわって制作しています。

テーブル(TR0030JC クラシックウォールナット色)

【新商品】カリモク家具が1960~1980年代にかけて製造していたオールドカリモクをミニチュアフィギュアにした「オールドカリモクコレクション 第2弾」がカプセルトイなどで2022年11月下旬に発売が決定画像

サイズ(約):H3×W5cm
©KARIMOKU FURNITURE INC. ALL RIGHTS RESERVED.

天板に大理石柄のメラミン化粧板を施し、天板の縁の飾りの段差、落ち着いた色味がクラシカルな印象を与える丸テーブルです。

脚の支柱は通称メロンレッグとも言われ、イギリスの16世紀から17世紀初めごろに用いられた家具の脚デザインのひとつ。応接椅子「5100」のアームの飾り木と意匠をあわせています。
重厚感があふれる「TR0030JC」は、「1500」「1520」「5100」いずれの応接椅子と組み合わせても相性抜群なアイテムです。

期間限定POPUP SHOP情報

2022年11月9日(水)より、ケンエレファント直営店であるケンエレスタンド秋葉原駅店・新橋駅店・新小岩駅店、上野ランド、期間限定POPUP SHOP ケンエレラグーンにて数量限定で先行販売します。

ケンエレスタンド【公式】
https://twitter.com/kenelestand

上野ランド
https://twitter.com/uenolandjp

期間限定POPUP SHOP ケンエレラグーンでは、下記店舗にて販売いたします。
店舗ごとに開催期間、営業時間が異なりますので、ご注意ください。
営業時間に変更がある場合には、ケンエレスタンド【公式】Twitterにてお知らせいたします。

■ケンエレラグーン 小田急アコルデ新百合ヶ丘北館店
開催期間:2022年11月1日(火)~11月18日(金)
営業時間:10時~21時

■ケンエレラグーン エキュート立川店
開催期間:2022年10月24日(月)~12月4日(日)
営業時間:月~土 10時~21時30分 / 日・祝 10時~21時

■ケンエレラグーン JR京都駅 新幹線中央口改札外店
開催期間:2022年10月25日(火)~2023年1月9日(月・祝)
営業時間:9時~21時

「オールドカリモクコレクション 第2弾」商品概要

商品名 オールドカリモクコレクション 第2弾
価格 カプセルトイ/1個500円(税込)
ブラインドBOX /1個550円(税込)
発売日 2022年11月下旬
発売元 株式会社ケンエレファント
素材 ABS
販売方法 カプセルマシン(カプセルトイ)、ブラインドBOX
販売場所 全国のカプセルトイ売場、カリモク60直営店、ホビーショップ、雑貨店、オンラインショップ、ロフト(一部店舗)、一部書店、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店・新小岩駅店、上野ランド、ケンエレラグーン など
企画制作 株式会社ケンエレファント
公式サイト 株式会社ケンエレファント 公式サイト 公式サイト

「オールドカリモクコレクション 第2弾」セット販売

セットで欲しい方はこちら

記事URLをコピーする

この記事を気に入ったら
いいね!&フォローしてね

この記事を書いた人
Takenaka Kenji

著者名:Takenaka Kenji

デザイン事務所playpark代表、クリエイティブディレクター・Webディレクター・イラストレーター。 趣味は、美術館・展覧会・仏像巡り。 目標:全国の美術館を制覇する事。

noteアイコン

スポンサーリンク